たかなし動物病院(町田市の動物病院)

病院案内

病院案内

ご挨拶

たかなし動物病院の院長、髙梨太郎です。

この度、碓氷先生との素晴らしいご縁を頂きまして、病院を承継いたしました。
地域の皆様に信頼され、安心してご来院頂ける病院を目指して、スタッフ一同努力して参ります。
我々は、大切な家族である動物たちを誠心誠意診療するのはもちろんの事、飼い主様の気持ちを尊重し、様々な治療法の中からご家族にとって最善の治療法を考えます。
また、言葉を話せない動物たちに対し、なるべく精神的・身体的負担をかけないような診療と、積極的な痛みのケアを行う事を大切にしています。動物たちに対し「優しい診察・治療」が出来るように常に努力をしております。
近年における高度な獣医専門医療の発展に伴い、我々は地域密着型の「かかりつけ医」でありながら、専門分野を持つ事が非常に大事であると考えております。また、近年犬や猫の寿命が延びた事でがんの発症が急増しています。そのような状況のもと、私は腫瘍科医としての道を選びました。それは腫瘍(がん)専門医療を確立することで多くのがん患者を救う事が出来ると考えたからです。元気いっぱいで予防医学中心の若齢・中齢期から、がんの発症率が高い高齢期になるまで、当院にて責任を持って診療させて頂きたいと考えております。このような考えから、当院では気軽に受診ができる「かかりつけ医」と、高度専門医療の両立を目指しております。飼い主様そして動物たちと真摯に向き合い、最善の獣医療を提供する事を誓います。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

たかなし動物病院 院長:高梨太郎

院長

髙梨 太郎

院長プロフィール

経歴

2008年 麻布 大学獣医学部獣医学科卒業(所属研究室:獣医放射線学研究室)
都内の動物病院に勤務
2009~2012年 麻布 大学付属動物病院腫瘍科専科研修医
都内の動物病院にて副院長、院長を歴任
2013年 日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医Ⅱ種 取得
関東圏4カ所の病院に勤務
2014年 ウスイ動物病院に勤務
2016年 日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医Ⅰ種 取得
2017年1月21日 たかなし動物病院 開院

主な学会発表・学術情報誌発表・講師経験など

学会発表

日本獣医がん学会

  • 減容積手術後に放射線治療を行い、長期局所制御が得られた犬の鼻腺癌の2例
  • 緩和的放射線治療とビスフォスフォネートの投与により、QOLの向上を得た猫の椎体骨肉腫の1例
学会情報誌

小動物腫瘍臨床Joncol

  • 減容積手術後に放射線治療を行い、長期局所制御が得られた犬の鼻腺癌の2例

獣医総合情報誌MVM

  • 小動物腫瘍外科診療の実際 鼠径リンパ節転移を伴う猫の乳腺癌
一般情報誌

週刊東洋経済 2016年9月10日号

  • 「頼れる獣医120人」に選出
学会講演 講師

第16回日本獣医がん学会

  • 教育講演「腫瘍診断学総論」講師

スタッフ紹介

  • 顧問獣医師:碓氷 達美

    顧問獣医師

    碓氷 達美

    1981年3月 麻布大学獣医学部卒業
    獣医師免許取得
    1981年4月 動物病院勤務
    1985年2月 町田市成瀬にウスイ動物病院を開業
    2017年1月 病院を事業承継し、たかなし動物病院の顧問獣医師となる
  • 獣医師:髙梨 真弓

    獣医師

    髙梨 真弓

    2010年3月 麻布大学獣医学部卒業
    獣医師免許取得
    2010年 都内の病院に勤務
    2011年 ウスイ動物病院に勤務
    2017年 たかなし動物病院に引き続き勤務
  • 獣医師:栗山 吏

    獣医師

    栗山 吏

    2016年3月 麻布大学獣医学部卒業
    獣医師免許取得
    2016年4月 ウスイ動物病院に勤務
    2017年1月 たかなし動物病院に引き続き勤務
  • 獣医師:大塚 祐樹

    獣医師

    大塚 祐樹

    2015年3月 日本大学獣医学科卒業
    2015年4月 埼玉県内の病院に勤務
    2018年11月 たかなし動物病院に勤務
  • 看護師長兼トリマー:青木 瞳

    看護師長兼トリマー

    青木 瞳

  • 看護師:小長谷 利絵

    看護師

    小長谷 利絵

  • 看護師:金澤 慎司

    看護師

    金澤 慎司

  • 看護師兼トリマー:吉谷 春菜

    看護師兼トリマー

    吉谷 春菜

  • 看護師兼トリマー:上田 華子

    看護師兼トリマー

    上田 華子

  • 看護師兼トリマー:柴田 直輝

    看護師兼トリマー

    柴田 直輝

  • 看護師兼トリマー:水口 悠

    看護師兼トリマー

    水口 悠

  • 看護師兼トリマー(産休中):碓氷 美希

    看護師兼トリマー(産休中)

    碓氷 美希

医療機器

  • レントゲン

    レントゲン

    デジタルレントゲン装置を導入し、飼い主様によりわかりやすい説明が可能になりました。

  • 超音波

    超音波

    心臓検査などに有用なカラードップラーや、詳細な腹部検査に必要なリニアプローブなどを持つ機器を導入し、さらに詳細で鮮明な画像の描出が出来るようになりました。
    また、獣医師の定期的な画像診断セミナー参加により、技術も向上しています。

  • 内視鏡検査

    内視鏡検査

    最新の機器を使用しています。専用の器具もそろえておりますので、胃・腸の精密検査はもちろん、異物の摘出などにも役立てています。現在は内視鏡専門獣医師と実施することが多いです。

  • 電気メス

    電気メス

    高性能の機器を使っています。さまざまな外科手術に使用し、手術時間短縮に役立っています。

  • シーリングシステム

    シーリングシステム

    シーリングシステムとは組織同士をくっつける事で糸を使わずに血管を止め、出血を防ぐ方法です。7mm径以下の血管を安全に短時間でシールすることが出来ます。
    これにより手術時の血管結紮に糸や金属クリップなどの生体に対して異物となるものを使用する必要がほとんどなくなり、異物反応性肉芽腫のリスクを下げる事が可能となり、また、すぐに血管を止める事が出来るため、手術時間の短縮が可能となりました。

  • 酸素濃縮装置

    酸素濃縮装置

    高性能機器で、高濃度酸素を大量に供給できます。

  • 顕微鏡

    顕微鏡

    第一診察室のモニターで同様の画面が見られます。

  • 血液化学検査装置

    血液化学検査装置

    最新の機器を使用。当院が国内で納品第1号となりました。

  • 血球計算器

    血球計算器

    赤血球・白血球・血小板などを測定する事が出来ます。

病院内装

  • 外観

    外観

    ほぼ全面をガラス張りにし、恩田川沿いの美しい風景が見えるようになりました。

  • 受付

    受付

    病院正面に位置し、荷物置きスペースを作っています。

  • わんちゃん専用待合スペース

    わんちゃん専用待合スペース

    9席あります。テレビや動物用通販情報誌「PEPPY」などをご用意しております。

  • 第一診察室

    第一診察室

    主にわんちゃんの診察に使用します。また、現在はレントゲン・エコー・顕微鏡等の画像を見る大型モニターを壁付けしております。

  • ねこちゃん専用入院室・ペットホテル部屋

    ねこちゃん専用入院室・ペットホテル部屋

    主に右側の広いケージから使っています。

  • わんちゃん専用入院室・ペットホテル部屋

    わんちゃん専用入院室・ペットホテル部屋

    17部屋あります。

  • 処置室

    処置室

    広いスペースを取り、ICU室を置いています。

  • トリミング室

    トリミング室

    同時に3頭のトリミングが可能です。

  • ねこちゃん専用待合いスペース

    ねこちゃん専用待合いスペース

    パーテーションの奥が専用スペースとなっております。テレビをご用意しております。診察時はそのまま画面左手の第二診察室へ移動します。

  • 第二診察室

    第二診察室

    主にねこちゃんの診察に使用します。

  • レントゲン室

    レントゲン室

    最新の機器を使用しています。